ロゴのポイント企業のロゴは、広告や看板だけでなく、商品にも記載されている場合もあり、利用者をはじめとして多くの人の目に触れるものです。そんな企業ロゴは、ただのデザインだけで作られている訳ではありません。見る人にとってどんな企業であるかイメージを共有することを主な目的として作られています。理念を文章や口頭で表明するのだけではなく、ロゴで表現すると、一目で企業イメージを印象づけることができるのです。単なるデザインだけではなく、会社のブランディング戦略に加担してくれるものと言えるでしょう。さらに、ロゴは、消費者だけではなく、社内の人材にとっても有効的なものです。

企業イメージを左右するためロゴは、長年に亘り使用するものでもあるため、作成の前にロゴについてきちんと理解をしておくことが大切です。多くの人に愛される魅力的なロゴを作成して企業イメージをアップしてはいかがでしょうか?

ロゴが担う役割

企業のロゴが持つ役割は、一目で企業イメージを確立させられる点や企業の認知をしやすくなる点ですが、企業ロゴにはメリットもたくさんあります。それは、企業商品やサービスの信頼性を生むことや、ユーザーの利用、購買意欲の促進も期待することもできる点です

ロゴの重要性が分かる事例として、ロゴの変更によって売り上げが増加したこと、さらに、同商品にそれぞれ別々のロゴの印字があった場合、片方のロゴの商品だけ売り上げが高かったことなどが報告されています。このため、ロゴを作ること自体の意義だけでなく、どんなデザインにするかきちんと考えることが重要です。ロゴが持つ役割にはブランディングの要素がありますが、デザイン次第では効果が異なると言えます。

企業のブランディングにロゴが貢献する理由は、見る人の記憶に定着させ、企業の認知度を上げる効果があるからです。言い換えると、覚えにくいロゴの場合はブランディングの向上に貢献しません。そのため、ロゴデザインのクオリティがユーザーへの信頼、ひいては企業の売り上げを左右すると考えてよいでしょう。

ロゴの種類

ロゴには、ロゴタイプ、シンボルマーク、ロゴマークの3種類があります。ロゴタイプとは、企業名やブランド名などの文字にデザインを施したものです。シンボルマークとはロゴタイプよりも抽象的な点が特徴です。企業だけではなく個人や家系、団体で利用されていることも多く、名称ではなく対象の印象やイメージを図案化しているため、ロゴタイプよりもさらに自由度の高いデザインとなっています。また、人は文字よりも図形の方が記憶に残りやすいとも言われているため、企業の名称でなくても企業の存在を印象づけることができます

ロゴマークは、ロゴタイプとシンボルマークを合わせたものになります。二つの要素が合わさっているため、企業イメージが一目でわかる図案と企業名が入り、イメージも社名もセットで記憶しやすいです。ロゴタイプ、シンボルマークよりも表現の自由度が増し、オリジナリティの高いデザインとなります。ロゴマークは、パンフレットや名刺への汎用性もあり、使い勝手も良いものです

カラーも大切

ロゴを作るなら印象に残るものを作成するべきですが、他にロゴを利用している企業や団体と差別化を図るには、形だけではなく、カラーも大切です。競合がいる場合、なるべく被らないようにまずは他社が使用しているロゴを調査し、その上で自社が与えたい印象のカラーを決めましょう。

たとえば、赤色には、力強さや情熱といったイメージがあり、緑色には癒しや安心といったイメージがあります。さらに、男性的なイメージなら青色、女性的なイメージではピンク色があるため、サービスや商品でロゴを作成される場合、ターゲットにあったカラーにすることも考えられます。色が心理的に与える影響は大きいため、色選びは慎重に行う必要があります

デザインも同様ですが、企業ロゴのカラーは一度決めたら変更してはいけないものではありません。むしろ、時代や企業の成長に併せて変化していくほうが自然です。たとえば、上場するタイミングや事務所移転のタイミング、経営理念の変更やホームページのリニューアルなど、何かのきっかけで変更し、会社からのメッセージを刷新するのがよいでしょう。生きている企業というイメージが与えられるので、消費者からも愛されるはずです。

ロゴ制作会社の選び方

検討企業やサービス、団体の顔でもあるロゴは、非常に重要であるため、満足のいくものを作成したいものです。では、ロゴ制作会社を選ぶ際、どのような点を基準にして判断すればいいのでしょうか。それは、制作会社のこれまでの実績です。なぜなら、多くのデザインを手がけたことで、知識や経験を豊富に積みクオリティの保証もしやすい傾向があるからです。

ただ、ロゴは、各会社によって表す内容が異なることや、依頼側がデザインに疎ければ品質の良さはなかなか判断がつかないものです。このため、過去実績を見る際のポイントを紹介します。それは、企業のロゴデザインから企業のコンセプトやビジョンが感じられるかどうかという点です。企業の理念が見えることはロゴの持つ役割をクリアできているため、対象企業が変わったとしてもその企業にあわせた品質の高いロゴを作成することができるでしょう。

まとめ

企業のロゴは企業からのメッセージであるとお伝えしました。一般消費者に対しての認知度およびブランディング向上、ひいては商品・サービスの信頼や売り上げアップに対して大きく貢献する可能性があります。そのためには、ロゴデザインのクオリティを高めることが大切です

ロゴには3種類あり、どのようなカラーにするかも迷います。さらに、コーポレートカラーとの兼ね合いもあり、どのような色遣いをすると、企業からのメッセージを消費者に届けられるのかは難しいものです。自社に優秀なデザイナーが所属している場合は別ですが、必ずしもそういう企業ばかりではありません。

企業のブランディングや売り上げを大きく左右するロゴは、実績豊富な制作会社に任せたほうがよいでしょう。企業の将来を考えるなら、ぜひ制作会社へロゴを依頼するのがよいでしょう。


関連記事

Pocket